どのぐらいの人が成功するのか

よく「美容師が独立して自分のお店を出して成功してやっていけるのはごく一部」という話を聞きます。確かに「ここにあった美容室、いつの間にかなくなったな」と思う事はよくありますよね。ですが実際にはどの程度の人たちが成功する事が出来ているのでしょうか。ある調査によれば開業して一年のうちに閉店してしまう美容室は半数にも上るようです。三年間の間には9割近くが閉店してしまっているようです。つまり本当にごく一部の美容室だけが10年以上営業し続ける事が出来るようです。ちなみにエステサロンやネイルサロンでも同じような状況の様で、美容業界と言うのはかなり経営が難しいようですね。ですから夢を持つのはけっして悪い事ではありませんが、そういった現実も良く見据えたうえで行動するべきだ、という事は言えるでしょう。特に既に家族を持ってから独立しようとする場合には、家族の協力は欠かせないものとなることでしょう。厳しい現実が待っている、という事をいくら覚悟していても、ただ覚悟しているだけでは意味がありません。どうしたら生き残れるのか、という事をしっかりとリサーチし、そのための準備をしなくてはなならない、という事が言えるでしょう。ですから思い付いた時にすぐに独立するなんてことはやるべきではないんですよね。

一度や夢見る自分の店

皆さんはこれまで一美容師として美容室で働いていたスタイリストが独立して自分のお店を持った、という話を聞いたことがありますか?もしくは自分の担当だったスタイリストが独立した、という経験があるでしょうか。長く美容室と関わっていると一度はそういう話を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。多くの美容師たちは美容師として腹き始めてから一定の技術を身に付けたり顧客が安定して付いてくれている状況になると、一度は独立を考えてみるようです。このまま雇われているままで良いのだろうか、という疑問が湧き上がる時期がある様なんですね。または美容師として働き始めたころから「いずれは自分のお店を持つ」という夢を抱いて働き始めた美容師もいる事でしょう。やはり美容師はクリエイティブな仕事と言えるので、自分のやりたい事、発揮したいテクニック、などがあると雇われて言われた通りにやっているだけでは満足できなかったり、経営者と意見がちがってくると自分の思うようにやってみたい、という気持ちが沸いて来るものなのだと思います。ですが現実的に考えれば黙って雇われていればお店が上手くいっている限りは収入を得る事ができます。その方が楽だと言えば楽なんですよね。それでもあえて独立、という道を選ぶ美容師もいますが彼らのその後を聞くと、やはりその道は険しいようですね。

憧れの美髪サロンへ

M3Dで髪質改善!蕨の人気サロン♪
川口にある美容院
”気軽に通えてラク”と感じてもらえる。サロンです♪
大宮にある美容室
幅広い年代の方にご満足頂いております☆
城南にある美容院

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。